札幌国際大学について

about 大学院教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

①教育課程を通じて自由、自立、自省の姿勢を醸成する。
配置されている授業を通じての深い学識の修得、様々な学術分野の研究蓄積に対する接近を促し、思考力、判断力の育成に努める。

②演習科目等を通じて地域社会等への貢献姿勢を醸成する。
自己の思考、判断の妥当性、信頼性を確認するため、地域社会における実践場面を提供する。

③各専門領域の講義、演習、実習等を適切に組み合わせる。
専門分野に関する深い学識を修得するため、体系的に講義、演習、実習等の授業を配置し、研究科の教育目的に沿った編成となっている。

④各専門領域において高度な実践能力を養うため地域社会等との協同を深める。
専門分野においては地域社会等において実践的考察を行う機会を提供しているが、こうした機会における実践的考察は地域社会等の人たちの協力の下で行われるため、協同の構えを備え、地域社会等との好ましい関係を形成することが不可欠となる。

観光学研究科

観光学専攻

教育課程編成方針の基本は観光学研究を「観光文化」、「観光振興」、「観光産業・事業」領域から構成することです。これに基づき、理論、方法、応用を学ぶための科目が配置されています。授業科目は「必修科目」と「選択科目」で構成されており、「必修科目」の「観光研究テーマ演習」「修士論文指導演習Ⅰ・Ⅱ」の3科目6単位は学生が観光学を学ぶ上で不可欠なものとして位置づけています。

観光学の理論に関しては選択科目のA類に、方法に関しては主として選択科目のB類、C類、D類に、応用に関しては主として選択科目のB類、D類に配置しています。必修科目に配置されている3科目は修士論文もしくは課題研究(特定の課題)作成のための個別指導に重点を置いたものであり、1年目に論文構想、2年目に論文作成といった段階的編成となっていますが、長期履修(3年~5年)の場合は履修期間に応じた体制を整えます。なお、観光学研究は様々な観光場面を対象としているため、D類の科目数は他類より多く配置しています。また、適宣、学生が研究のためフィールドで学ぶ機会を用意しています。

心理学研究科

臨床心理専攻

教育課程は、日本臨床心理士認定協会の第1種指定校としての編成を実現しています。必須科目としては「臨床心理学」「臨床心理面接」の講義を基本とし、実務に不可欠な「臨床心理査定」及び「学内実習」「学外実習」の演習・実習を柱とします。選択科目群には、A~E領域として「研究法」、「発達・認知」、「家族」、「行政」、「精神医学・障害」、「学校臨床」「投映法」など臨床心理士養成に必要十分な科目を展開します。実務的訓練は、病院・教育・地域領域での活動を想定し、付属の心理相談研究所(外来者を対象とした臨床心理相談センター)での学内実習をはじめとして、札幌市内、近隣都市の学外の諸施設で実施します。

心理学研究科では、修士論文の提出を修了要件としています。入学者は1年目に、修士論文のテーマと研究計画書を呈示し、2年目に「課題研究指導」により論文を執筆します。完成までに、2度の中間報告が課せられます。論文作成指導及び審査は、学生毎に臨床心理士を含む複数の教員が担当します。

スポーツ健康指導研究科

スポーツ健康指導専攻

・スポーツ健康指導者に不可欠な専門的知識の修得
「スポーツ健康基本科目」群において、スポーツ健康指導者に不可欠な、現代社会における健康の諸問題や身体構造と運動機能に関する科目を配置しています。

・スポーツ健康指導者としての指導・実践能力と人間形成に関わる思考や経験知の修得
「スポーツ健康指導科目」群において、スポーツ健康指導に必要な理論、指導技法および実践法を修得するための科目を配置しているのみならず、自己の人間形成に関わる思考や経験知を修得するための科目を配置しています。

・子どもおよび高齢者を対象としたスポーツ健康指導の実践能力の修得
身体機能の発達とトレーニング、身体機能の老化と運動訓練の観点から、指導技法および実践法を修得することを重視した科目を配置しています。

・研究テーマを考え、研究を行う一連の課程で培われる能力の修得
「研究指導演習科目」群において、研究テーマを考え、研究を行い、その一連の過程で培われる能力の修得のための科目を配置しています。