about 新型コロナウイルスの対応について【2022年9月13日更新】

新着情報〈2022年9月13日更新〉

感染拡大防止行動について

〈ポイント1〉:「不織布マスクの常時着用」「人との距離を取る」「大声を控える」「ものを共有しない」

→登校時、外出時は不織布マスクを常時着用
→体調不良や新型コロナウイルス感染症関連の学生報告は、保健室連絡先(学内メールアドレスでサインイン)へしてください。
→体調不良時は、WEB7119(札幌市)や北海道コロナチャットボットシステムを参考にすること〈後述:『発症後の健康管理について』参照〉

〈ポイント2〉ワクチン接種について

→ワクチン接種が可能な人は2回接種および3回目の接種をする

〈ポイント3〉:外出時のポイント

→混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動を控える
→普段会わない方や重症化リスクの高い方(※)と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底する
→不要不急の都道府県間の移動は極力控える

※高齢者、基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方

〈ポイント4〉:飲食時のポイント

→道に要請された営業時間以降の飲食店の利用を控える
→認証店など感染防止を徹底している飲食店等を利用する
→飲食店が実施している感染防止対策に協力する
→少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時は不織布マスクを着用する
→特に普段会わない方との飲食の際は、より一層徹底する

  • 後述「<参考>感染症予防のためのアドバイス」を参照

新型コロナウイルス関連掲示〈2022年9月13日更新〉

今後の予定〈2022年9月13日更新〉

大学施設の利用について

日々の感染症予防行動について

  • 起床後・就寝前に毎日体温測定と自身での体調(咳・倦怠感・頭痛等)をチェックすること。発熱等がある場合は、以下、「発症後の健康管理」を参照してください。
  • 外出時、大学での授業参加等、必ず不織布マスクを着用すること
  • 通常の感染症予防(流水と石けんによる手洗いか、アルコールによる手指消毒・マスク等の咳エチケット)を徹底すること
  • 外出の場合も人ごみをできるだけ避けるようにすること
  • 少しでも体調が悪い時は、外出を控えること
  • 建物に入る時は、手洗いや手指消毒剤による手指衛生を行ってから入室すること
  • ものを共有しないこと(人が触れた物には触れない、もしくは消毒する)
  • ワクチン接種が可能な人は、3回以上の接種をすること

※具体的な留意点は、後述「<参考>感染症予防のためのアドバイス」参照

濃厚接触者になった場合

(1) 同居者が感染者の場合 … 5日間の自宅待機
家族等同居者の感染者から自分が濃厚接触者となった場合、学生は保健室とアドバイザー教員、教職員は総務課へ報告すること。事情を確認の上、5日間の自宅待機とします。

(2)感染者と不織布マスクをせずに飲食や会話等を手の触れる範囲(1m程度)で15分以上共にした場合 …5日間の自宅待機

(3)自宅待機中の注意事項
①上記(1)・(2)の場合、待機期間中、毎日朝・夜に体温を測るなどの健康状態に注意を払い、発熱や急性呼吸器症状が出た場合には、後述「発症後の健康管理について」を参考にしてください。
②自宅待機中に授業を欠席した学生の取扱いは、出席停止(公認欠席)となります。

※1「濃厚接触者」とは
①新型コロナウイルス感染症が疑われる者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
②適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは介護していた者
③新型コロナウイルス感染症が疑われる者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
④マスクなしまたは、不織布以外のマスクで、1メートル以内で15分以上、飲食や会話等接触のあったもの

発症後の健康管理について

(1)発熱等の風邪症状がある場合

 発熱等の初期症状が出た場合は、以下の手順に従ってください。
○風邪症状がある場合(解熱剤を飲み続けなければならない時を含む)、登校、勤務は控えること
○症状が続く場合は、検査を受けましょう。WEB7119(札幌市)、北海道コロナチャットボットシステムが参考になります。
 ※軽症者は、無料抗原検査を利用することも可能〈新着情報:抗原検査キット(有症状者)を参照〉
○息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合には、すぐにかかりつけ医や救急安心センター等に連絡し、その指示に従うこと
○医療機関を受診する場合、不織布マスク着用し、必ず指定された医療機関を受診すること。また、診断の結果、新型コロナウイルスに感染していることが確認された場合は、保健室へ連絡すること
○以下のような方は重症化しやすいため、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がでた場合は、すぐにかかりつけ医や保健所に連絡し、その指示に従ってください。
 ・高齢者
 ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方
 ・透析を受けている方
 ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
 ・現在妊娠中の方


(2)自宅療養中の注意
 次のような症状がみられた場合、速やかに医療機関を受診してください。
○呼吸が苦しくなった時
 (呼吸数が1分間に20回を超える状態が続く、唇が紫色になる等)
○意識状態がもうろうとしてきた時
 (呼びかけに応えないなど)
○血圧低下、ショック症状等
 (顔色が蒼白になったり、手足の指先が冷たくなったりした時)
○食事が食べられない、水分が摂れなくなった時

学生の皆さんへ

(1)授業への対応について
新型コロナウイルスに感染、または、上記「濃厚接触者(感染の可能性がある者)になった場合」や後述「水際対策上特に対応すべき変異株等に対する指定国・地域について」からの帰国・入国の場合、必要な療養期間または自宅待機期間は出席停止扱い(公認欠席)となります。詳細は以下「新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の対応について」を確認してください。

(2)クラブ活動や就職活動等について
①クラブ活動については、学内ポータルページを確認してください。
②就職活動やキャリア関係のイベント参加など、学外において行動する際は、以下のことに注意してください。
〈1〉感染予防(不織布マスクの着用・手洗いなど)に努めること
〈2〉無理な活動を避け、休養をよくとり、体調管理に努めること
〈3〉就職活動やキャリア関係のイベント参加での感染が疑われるときはキャリア支援センターに電話にて連絡すること

教職員の皆さんへ

 新型コロナウイルスに感染、または、上記「濃厚接触者(感染の可能性がある者)になった場合」や後述「水際対策上特に対応すべき変異株等に対する指定国・地域について」からの帰国・入国の場合、必要な療養期間または自宅待機期間中は出勤停止となります。詳細は総務課へ問い合わせてください。

水際対策上特に対応すべき変異株等に対する指定国・地域について

 新型コロナウイルス感染症については、各国・地域において日々状況が変化し、未だ予断を許さないところです。水際対策の内容も更新されていますので、下記ホームページで最新の情報を入手してください。

<参考>感染症予防のためのアドバイス

 市中においては、以下の一般的な対策が感染の広がりを予防するために重要です。

【健康な人】

風邪症状のある人から少なくとも2メートル以上の距離を維持し:
○自身の口と鼻を触るのを控える。
○石鹸水、あるいはアルコールベースの消毒法(皮膚清浄綿、ウェットティッシュ、すりこみ式製剤など)を用いて頻繁に手指の消毒を行う。特に口や鼻、汚染された可能性があるものを触った時などに実施する。
○風邪などの呼吸器疾患が疑われる人と濃厚接触する時間をできるだけ減らす。
○人ごみの中にいる時間をできる限り減らす。
○できるだけ窓を開くことで、居住空間の空気の流れを改善する。
○ものを共用しない(人が触れた物には触れない、もしくは消毒する)

【風邪やインフルエンザ様症状のある人】

○外出を控え、自宅で安静にしてください。
○家にいるとき、前述「発症後の健康管理について」の(2)に示した症状が現れたら、医療機関を受診する。
○家にいるときは、家族や同居者と別の部屋で生活し食事などをとる。トイレなどの共通の場所では手洗いを徹底する。
○咳あるいはくしゃみをする時は、ティッシュで口と鼻を覆い、呼吸器系分泌物(唾液のしぶきや痰)をその中に封じ込める。口や鼻を覆ったティッシュは使用後すぐに廃棄し、すぐに手洗いや手指の消毒を行う。
○できるだけ窓を開くことで、居住空間の空気の流れを改善する。

【不織布マスクの使用に関して】

【不織布マスクを着用してください】
○ウイルスを含む飛沫は、会話や呼気でも発生します。会話で発生する飛沫量と咳で発生する飛沫量は大きくは変わりません。そのため、不織布マスク常時着用は重要です。
○自身が咳などの呼吸器症状のある時はもちろん、外出時は不織布マスクを必ず着用する。
○口と鼻を注意深くマスクで覆い、顔とマスクの隙間を最小限にするようぴったり装着する。
○マスクの使用中はマスクの表面に触れることを避け、外す時はヒモを持って外す。
○使用したマスクに接触した時(例えばマスクを外した時など)は、石鹸水、あるいはアルコールベースの消毒法(皮膚清浄綿、ウェットティッシュ、すりこみ式製剤など)を用いて手指の消毒を行う。

関連ホームページ

関連記事(コロナウイルスに関する情報)

関連記事(海外渡航に関する情報)